テーマのカスタマイズ

設定したら自由自在に作り変えましょう

無料のワードプレステーマ GEMSTONE

GEMSTONEのカスタマイズ方法について

WordPressテーマファイルをカスタマイズするには方法が2つあります。

  1. 子テーマを作ってカスタマイズ
  2. ファイルを直接カスタマイズ

WordPress codexにある子テーマの項目でも推奨されている、子テーマを使ったカスタマイズをおすすめいたします。
親テーマ(GEMSTONE)を直接変更する場合、カスタマイズを失敗してしまったときに、元のコードがわからなくなってしまうリスクがあります。
子テーマを使用する場合、カスタマイズに失敗をしても、親テーマにある元のコードを参照して戻すことができ、カスタマイズの試行錯誤が簡単になります。
カスタマイズ方法は開発者の好みもあると思うので、制作するサイトの規模や用途に応じて使い分けてください。

子テーマを作ってカスタマイズ

子テーマを作るには、以下のような手順が必要になります。

  1. 子テーマのフォルダを作る
  2. 子テーマに必要なファイルを作る
  3. 親テーマを継承するためのコードを書く
  4. 子テーマの有効化

以下では、GEMSTONEの子テーマの作り方を説明していきます。

1.子テーマのフォルダを作る

「gemstone-child」など半角英数字で名前をつけたフォルダを作成してください。

2.子テーマに必要なファイルを作る

以下の2つの空ファイルを作成します。

  • style.css
  • functions.php

3.親テーマを継承するためのコードを書く

style.css の一番上に以下の子テーマ情報(簡易版)をコピペしてください。

/*
Theme Name: GEMSTONE CHILD
Template: gemstone
*/

functions.php を開いて以下のコードをコピペしてください。

/*子テーマで利用する関数を書く*/
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' ); 
}

4.子テーマの有効化

最後にWordpress管理画面から「外観→テーマ」を選択して、作成した子テーマを有効化します。
以上になります。

ファイルを直接カスタマイズ

テンプレートをFTPソフトでアップロード後
管理画面から「外観→テーマ」を選択後、作成したテーマを有効化して
ファイルをカスタマイズしてください。

GEMSTONEのカスタマイズサポートについて

GEMSTONE のカスタマイズサポートを有償で行っております。
サポートをご希望の方はお問い合わせフォームからご相談ください。
※フォームは近日公開予定